*

尾上菊五郎ギャラリー六代目

六代目尾上梅幸

梅幸の名は初代以降代々菊五郎を名のる役者の俳号(俳句作者としての雅号)である。
六代目梅幸は、三代目菊五郎の孫、尾上朝次郎の子として、明治三年(1870)名古屋でうまれた。
明治十五年(1882)五代目菊五郎の養子となり、栄之助、栄三郎の名を経て、梅幸を襲名したのは三十三歳であった。
明治四十四年(1911)、帝国劇場が新築されると技芸委員長となり、
女形でありながら座長等に就任して、当時最高峰にあった五代目歌右衛門に対し、
お富・三千歳・お岩・うんざりお松・切られお富など世話物で伝法肌の役で至芸を発揮した。
大正五年(1916)以後二枚目(美男子役)のほかは演じない十五代目市村羽左衛門と近代無比の夫婦コンビを組み、「三千歳直侍」「十六夜清心」「塁与衛門」の江戸情緒を伝える名舞台は今も語り草となっている。
若くして父菊五郎の相手役をつとめ、時代物(江戸期以前の鎌倉、室町の昔を扱った芝居)のほか、新作舞踊劇にも実力を示した。
身長にも恵まれ、やや面長な気品のある容貌、五代目直系の尾上家の芸を集大成した芸談集「梅の下風」は、屈指の名著として、女形の総師たる彼の人柄がうかがえる。

六代目梅幸は古典的幽霊怨霊も工夫を加え尾上家の芸を守った。特にお岩は、惨酷すぎるということで警視庁から一部カットを命じられたほどである。この死神は、どことなく近代的感覚を伝えて陰惨さとは異なる。それは江戸歌舞伎から現代歌舞伎への移行点に高くそびえる中継塔としての存在であったといえる。

重ね扇、抱き柏は尾上の紋所。
歌舞伎十八番「暫」が大ヒットしたため、同じ趣向で、立女形が勇壮正義の主人公として悪人どもを懲らしめる。
髪の左右の白い紙は力紙といい聖なるものの印である。


黙阿弥は、幕末から明治にかけての歌舞伎最後の狂言作家で「弁天小僧」などで有名。
二番目ものとは、二番目狂言の略であって町人・盗賊など庶民社会などを描いたいわゆる世話物(純粋な江戸っ子を扱って生世話とも)をさす。
もちろん梅幸とも親交があり、梅かをるは、梅幸が念頭にある。役者は教養人として書画の道にも堪能であった。

牛若丸や道成寺などの飾り羽子板は多々ありますが、菊五郎さんご自身で描かれた羽子板は大変珍しいと思います。
表が梅に松、裏には墨絵の竹と六代目菊五郎のサインです、どんなときに飾られたのでしょうか。

正絹の緞帳の様な豪華な生地に、金糸による立派な刺繍です。
六代目さんの尾上家への思い入れが感じられます。